−芸能文化の広がる都市に− 雑誌『上方芸能』
トップページ お問い合わせ
新刊のご案内 バックナンバー一覧 購読のご案内 雑誌『上方芸能』について 募集コーナー イベントのご案内 掲示板 リンク集
トップページ > バックナンバー一覧 > 第176号〜 > 第177号
バックナンバー一覧
第1号〜第25号
第26号〜第50号
第51号〜第75号
第76号〜第100号
第101号〜第125号
第126号〜第150号
第151号〜第175号
第176号〜
編集前記
バックナンバー一覧
← 第176号
特集タイトル一覧にもどる
第178号 →

2010年9月号 雑誌『上方芸能』 第177号紹介
《特集》 広がる朗読・語り文化の課題
雑誌『上方芸能』 177号 編集前記
日本国内で英語を公用語にする会社が現れて話題を集めている、グローバルな時代。だが一方で、そんな時代だからこそ大切なのは、日本独自の文化を守り育てていくことだ。 言葉はその根幹に位置する不可欠な国の文化である。 特に日本語は、何かを伝えるための単なる記号や情報としてではなく、文字に意味があり、それをもとに豊穣な語彙を駆使して文章が書かれ、さらには微妙な言い回しによる味付けを加えることで「芸術」の域にまで育て上げることができる、 極めてすぐれた文化の種子である。発声の方法や目的も多岐にわたる。 朗読、語り、台詞、などなど。それらはどう違うのか。 技術の向上はどう図られるべきか。「朗読・語り文化」が広がる今、改めて問い直す特集である。

特集
  • 関西で朗読をするということ ―アクセントと「ことばづかれ」を起こさせないために― 木津川計
    木下順二さんの「ことばづかれ」/大阪弁で成り立つ上方芸能/ 標準語と大阪弁 なまりに不感症な大阪人/文楽―なまり(鉛)よりも重いテツ(鉄)の恥辱/ 関西人が標準語で語るということ/杉村春子(広島)も宇野重吉(福井)も地方の出身者だった/朗読―自分と聴き手の快感のために
  • 言語芸術としての朗読 朗読のせりふと芝居のせりふはどう違うのか 菊川徳之助
    はじめに/朗読とは/芝居のせりふとは/朗読のことばと芝居のせりふ/終わりに
  • 沓かなる響き『平家物語』 ―音声化作業の現場から― 嵐圭史
  • 伝える朗読と表現する朗読 それぞれの魅力と可能性 山根基世
    全身を使う作業/目指すものの違い/子どものことばを育てる
  • 新版・関西朗読家名鑑 〜関西を拠点に活躍する68人を紹介
シリーズもの
  • この人の日々
    ★文化サロンでの企画や三弦演奏もこなす三味線職人見習い、野中智史さん
    ★9月に新装開場する大阪新歌舞伎座で柿葺落興行に出演する、市川右近さん
    ★『大阪オーラ 日本を予見する日本のハート』を新刊行した四天王寺大学名誉教授、三島佑一さん
    ★昨年、文化庁芸術祭優秀賞と芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した舞踊家、山村若有子さん
    ★独特の味わいがある落語会をプロデュースし、近々ワークショップも手がける、さかいひろこさん
    ★シニアたちが自力で立ち上げた大阪府高齢者大学校の理事長、長井美知夫さん
  • エッセー 好きなせりふ 81
    でかした……よく切った 高階秀爾(大原美術館館長)
    春宵一刻値千金 花に清香 月に陰  山本章弘(山本能楽会理事長)
  • スター途の風景 第10回
    桜花昇ぼる(OSK日本歌劇団トップスター)
    西山辰夫(俳優・演出家)
  • 花形クローズアップ 63
    奥村泰彦(俳優・舞台美術家)
    … ききて・広瀬依子
  • 贔屓のひきおこ私 26
    桂吉坊(落語家)が桐竹勘十郎(文楽人形遣い)の魅力を語る
  • なつか史スタア伝 26
    板坂晋治(舞台美術家)が宇野重吉(俳優)を想う
  • 美学な幕切れ 38
    みごとな後姿 平田康(京都橘大学名誉教授)
    グレン・ミラーサウンドよ永遠なれ 水田宗人(財団法人西宮市文化振興財団理事長)
  • 安らぐ居場所 32
    川合幸子(賃貸物件管理会社パート勤務)
    三木逸郎(草津市教育委員会教育長)
    中川佳英子(会社役員)
    川添光代(工場経営・ジャズシンガー)
  • 私の芸能肩入れ談 19
    諏訪仁(校正者)
    堀内志乃(劇場案内スタッフ)
  • 『上方芸能』観・歓・楽・学 19
    岩ア至郎(タクシー嘱託乗務員)
    藤野富美(会社員)
芸能ジャーナル
  • 劇場法とは何か 〜その概要と展望
    荒起一夫(財団法人吹田市文化振興事業団理事長)
  • 山村流舞扇会『慣ちょっと七化』の復活上演
    古井戸秀夫(東京大学文学部教授)
  • 結成30周年を迎えた〈関西・歌舞伎を愛する会〉
    森西真弓(本誌)
  • 京都・公共空間をめぐる新たな動き ―地下鉄や町家の事例から
    南里実(本誌)
時評
  • 【歌舞伎評】お初、十九歳 上田由香利
    新鮮だったお初/団菊祭の引っ越し公演
  • 【文楽評】時を隔て、超えるもの 森田美芽・片山剛
    非情なる隔てを超えて/死と回復
  • 【演芸評】矢野・兵動が極めたフリートーク漫才 今村荘三
  • 【演劇評】リーディングとミュージカルによる痛烈な戦争批判の二作品 大内祥子
    劇団大阪の〈遠くの戦争〜日本のお母さんへ〜〉から/劇団往来・STAGE21・S.A.B.カンパニーの合同ミュージカル〈チンチン電車と女学生〉のやる気/南河内万歳一座の〈びっくり仰天街〉
  • 【落語評】時間をかけて得るもの、得たもの やまだりよこ
連載
  • 霊感を科学する 82
    霊感的ビビビッ!と花粉症 安斎育郎
  • 映像の中の芸能 32
    『修禅寺物語』 藤井康生
  • 情熱の歌舞伎俳優 坂東竹三郎聞き書き11
    水口一夫
  • 河内音頭取りの資料をめぐって 23
    菊水丸出演寄席演芸場の興行チラシ・出番表〈付録・ポスターコレクション〉 河内家菊水丸
  • 映画の中の笑芸人たち 6
    芦乃家雁玉・林田十郎 森卓也
  • 上方正本研究 14
    大谷勘兵衛 竹内道敬
  • 上方芸能風土記 15
    ―道明寺― 奥村功
  • 松竹少女歌劇の足跡 26
    肥田晧三
  • 武智鉄二資料集成 60
    権藤芳一
  • 思い出ほろほろ劇場 26
    柳たかを
  • イラスト・ルポ 112
    高宮信一
情報スクラップ

〜各界の動きをお知らせします〜
  • 歌舞伎・文楽花ごよみ 藤岡英一
  • 能&邦楽逍遙 南里実
  • 演芸かわら版 松尾美矢子
  • 浪界ダイジェスト 芦川淳平
  • 音楽芝居さんぽ 松本茂章

芸能ひろば(川柳人生劇場 木本朱夏/近頃映画事情 猪野美子/舞踊の表現 花柳禮叟/私の趣味 黒木太司・砂山洋一)白牡丹図 編集前記/バックナンバー案内/京町堀通信/芸能エッセイ/鬼ヶ島日誌/編集後記


← 第176号
特集タイトル一覧にもどる
第178号 →

▲ ページTOPへ

| トップページ | 新刊のご案内 | バックナンバー一覧 | 購読のご案内 | 雑誌『上方芸能』について |
| 募集コーナー | イベントのご案内 | 掲示板 | リンク集 | 取り扱い主要書店一覧 | お問い合わせ |

All graphics and page design,Copyright c 2001-2013 Kamigatageinou.